ドライブ中にラジオを聴いていたら・・・

会社でのお昼休みの話です。同僚のWさんがラジオ通販でドライブレコーダーを購入したようです。
私も休日は家でFM放送をつけていてこのドライブレコーダーのことは知っていました。

買ってみようかな?って思ったことを思い出しました。その時は、私の車に付くかな?とわからなかったので買いませんでした。Wさんの車にも付けられた!簡単だった!シガーソケットから電源も取れるしいいわよーって話を聞いて今度、FMで流れてきたら買おうと決めました。ほとんどエアコンを使わないのですが、さすがに今年の夏の暑さとなると、もう耐えられませんね。

ただ、エアコンの電気代が高いのが心配です。ラジオで聴いたのですが、最新型のエアコンになるほど省エネだ沿うで、どのエアコンも1時間つけて2円ほどの電気代です。

ラジオ通販のエアコンに買い替えしたくてたまりません。
ラジオって誰が聴いているの?ビジネスマンにとってはなじみが薄いかも知れませんね。

男女でいうとラジオを聴いているのは半々ずつになります。50代・60代・70代以上と年齢が上がるほど、ラジオを聴いている方も増えてきます。

また、地方に住んでいるリスナーが多いのも特長です。ラジオを聞くのが習慣になっている方の割合では、東北や九州などの地方の都道府県は高くなります。

地方在住でない人にはピンとこないでしょうが、日常的にラジオを聞く層が今も存在していますね。

ラジオショッピングの初期は、ラジオ局またはグループ企業により流されるラジオショッピングが一般的でしたが、2006年以降は業界の広告収入の減少のため、現在はスポンサー通販が増えてきていますね。
そもそもラジオショッピングは、民放ラジオ局自体かそのグループ企業が放送するものと外部の企業により、商品販売のための広告主による通販とに分けられます。

日本の民間ラジオ放送局のほとんどは、ネットワーク組織に属していてラジオネットワークが構成されていますね。
午前ラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegaNetです。それと、NHK-FM放送と放送大学以外が属する全国FM連合があります。
但し、JFLとMegaNet、全国FM連合は他に比べ、同じ放送網としての関係は密な関係ではありません。

情報の交換に番組の一部販売、不定期での共同キャンペーンを行うだけとなります。

ラジオショッピングは昭和からラジオでしている通信版倍の一形態です。
一般的に商品紹介は、番組のパーソナリティなどによっておこなわれます。ラジオ通販での紹介時間は短いことが多いです。

ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方により商品にいいイメージをもたせることもできます。
そのためラジオショッピングは、商品を見てから購入したいというなら、テレビショッピングの方がいいです。

沿うであるとしても、利用者の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。

通販会社がラジオショッピングを行う利点は、テレビショッピングと比べ、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものとちがうことはある」と納得しているためなのか、商品をうけ取った時に、「イメージしていたものとちがう」のようなトラブルは最小限で返品もテレビ通販よりかなり少ないと言われます。ラジオショッピングを行っている企業としても、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできるメリットがあることから誰もが聞いたことのある企業や地方の中小企業まで、スポンサー通販に参入していますね。

12月も中半を過ぎると、おせちの予約も終盤です。ラジオのショッピングCMでもおせち料理の予約をせかされますね。

(笑)家では毎年おせちはネット注文していますね。

有名どころのおせちは、中身もあまり変わりません。だから、特典を付けて差別化しようとしているのでしょう。近頃はネット通販やテレビ通販で、どんなものでも買う人が増えてきていますね。
しかし、これらの他にも「ラジオ通販」も人気なのです。

ラジオを聞くことは最近ではないという人もいるようですが、通販好きな人なら、ラジオのラジオショッピングもいいものがありますよ。ラジオショッピングなら聴いているだけなので、手に取るようにイメージがわき紹介の商品が目に見えるように感じられます。ダイレクトに魅力が伝わるんですね。しごとや家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、時間を無駄にせず買い物できることも魅力です。

ラジオショッピングとは、ラジオ放送を媒体として放送されるショッピング番組です。

通販の一つです。

日本国内においては、民放ラジオ局の番組中に挿入されたり、ショッピングプログラムとして別の番組として放送されます。
このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社・文化放送開発センターが1973年(昭和48年)に開始したことがはじまりです。

ラジオショッピングは、ラジオ局及びグループ企業がおこなわれるラジオショッピングは、商品の構成には局それぞれの特色があるが、比較的手広く扱っていますね。

実例としてはパソコンやデジカメ、加湿器、エアコン(標準の取り付け込み)のように大小の電化製品から、貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、仏壇からお手洗いのリフォーム請負までもあったりします。そんなラジオショッピングのほとんどは今ではスポンサー通販になりますね。スポンサー通販の中でも、取扱い商品の専門的な傾向のある場合と、取扱い商品が総合的な傾向のある場合とがあります。

通信販売というのは、小売業態の内の無店舗販売の一つです。おみせではなく、メディアを使って品物を媒体にアクセスした消費者に販売することです。

近年ではインターネットが普及したことで「通信販売」や「通販」といえば、WEBサイトでの販売によるものをいうことがあります。現在、通信販売を行っているのは、無店舗業者だけにとどまらず種々雑多です。

ラジオショッピングで買ったドライブレコーダー。

本日、やっと来ました。

午前中の配達時間指定だったので、いつかいつかと朝から待っていましたが、ヤマトの配達のお兄さんが来たのがちょうど12時でした。

ギリギリ午前中に届い立と言うことですね。

受取のサインをして商品を手にしました。
昼食をとってから、早速、車に付けます♪ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。

本日、やっと来ました。

午前中の配達と言うことで、朝からワクワクして待っていましたが、佐川急便の配達のお兄さんが来たのはお昼12時ちょっと前でした。
ギリギリ午前中に届い立と言うことですね。代引き料金を支払って無事にうけ取りました。開梱して中身をチェックしてから車に付けようともいますね。

もっと早くに到着していたら、銀行に行ってから午後から映画に行こうと思っていたのに、お昼をとっくに過ぎてしまいました。ラジオショッピングにおいて、メディアの性質上、テレビや印刷物と異なり、実物のイメージが目に見えません。

そこで、販売元あるいは商品のメーカー(固定のファンがいることもよくあります。

どうしても製品や商品に特色、カラーが現れますよね)の実績や評価がラジオ通販では大切なことです。「ラジオ広告」と聞いて、どうイメージしますか?ドライブ中にラジオを聞いていたら、ラジオ通販をやってい立ということもあるでしょう。

民放の午前やFMでは、番組の合間にテレビのようにコマーシャルも流れていますねよね。

またラジオ広告にはもう一つ、番組で商品紹介するタイプもあります。

パーソナリティをはじめ番組出演者が、「今月のオススメ商品は人気の○○」「健康の■■の悩みなら、◎◎は知っていますねか?」などと紹介していますね。また、商品の企業の担当者へのインタビューも交えて、訴求性の高くなるような内容になっていますね。お正月を海外で過ごす方もいるのでは?ハワイに行くのはごく普通になりましたが、年末年始の期間はやっぱり料金も高いです。ハワイでも韓国でも、台湾に行っても、外国語が話せなくても不自由はないためはないでしょうか。
それでもトラブルがあった時には、伝えにくいものです。
そんな不安を解消するのが、ラジオの通販で買った携帯翻訳機なのですね。快適生活 ラジオ 802