新潟放送でやっていたラジオ通販について

ラジオショッピングは、民放ラジオ局または関連企業が番組で行なうラジオショッピングは、商品構成にその局ならではの色が出るが、商品ジャンルは多岐にわたります。
事例として、PCやデジカメ、エアコン、空気清浄機など大小の電化製品から、貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、仏壇からトイレのリフォーム請負までもあったりします。今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。

スポンサー通販といっても、ジャパネットたかたのように電化製品の専門的傾向のところと、美容・健康関連品が主体のところがあります。ラジオショッピングは昔から始まった通信版倍の一形態です。
商品を紹介する多くは、ラジオ番組内でおこなわれます。
ラジオショッピングの時間内にお薦め商品として紹介されます。
ラジオでの紹介者の言葉遣いや話し方により商品の印象が操作される可能性もあります。なのでラジオショッピングでは、商品を見てから購入したいというなら、テレビショッピングの方がいいです。といっても、紹介された商品を買った人の中には、よく聴いている番組のパーソナリティに紹介されたので購入に至る人も少なくありません。

今年もそろそろ、おせち料理の予約をしなければなりません。ラジオの通販コーナーでもおせち、おせちとよく耳にします。我が家では例年ラジオ通販で紹介されたおせちをネットで注文します。

有名どころのおせちは、ちょっと洒落たものが入ってますね。
もしかすると、特典を付けて差別化しようとしているのでしょう。

年末年始の期間をハワイに行く人もいると思います。

昔と比べ海外旅行は国内旅行のように気軽に行けますが、繁忙期は高いです。今はハワイにしても、韓国にしても、外国語が話せなくても不自由はないのではないかと思います。とはいえ、やっぱり細かい事などは、難しいですよね。
そんなときの為に便利なのが、ラジオショッピングでも人気の携帯翻わけ機です。

ほとんどエアコンを使わないのですが、指すがに今年の夏の暑さとなると、つけざるを得ません。
しかし、どうしてもエアコンの電気代が気になります。

ラジオで聴いたのですが、最新のエアコンは省エネでないといけないようで、電気代は1時間で約2円ほどなんですねね。
ラジオ通販のエアコンに買替えするつもりです。
通信販売というのは、実店舗を持たない販売方法の一つです。お店ではなく、媒体を利用して商品をアクセスした消費者から注文を受けます。近年のネット端末の普及で「通信販売」はウェブ販売によるものを指すことがあります。昨今での通販業者は、実店舗を持たない業者だけでなく種々雑多です。

「ラジオ広告」と聞いた時、どのようなイメージがありますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオで通販番組が放送されているのは知っていますよね。

AMやFMとも民放なら、番組の合間にスポンサーCMがテレビみたいにありますよね。

またラジオ広告にはもう一つ、プログラムとして商品を紹介したりすることもあります。
パーソナリティを初め番組出演者が、「最近流行っているのは○○」「薄毛が気になる人には◎◎がお薦め」など、商品紹介します。時にはスポンサー企業の担当者へのインタビューもあったりと、訴求性の高くなるような内容になっているんです。ラジオショッピングでは媒体の特性上、テレビの画像や印刷されたものとは違って、実物のイメージが目に見えません。そこで、販売元あるいは商品のメーカーの信用力や評判もラジオショッピングを利用するときの注意点です。最近ではネット通販やテレビの通販で、多種さまざまな商品を購入している人が少なくありません。しかし、これらの他にも「ラジオ通販」も人気なんですね。

ラジオを聴くことは最近ではないという人もいるようですが、通販で商品を買うのが好きな人は一度、ラジオのラジオショッピングもいいものがありますよ。

ラジオショッピングでは、商品については聴くだけなので、簡潔に分かり易く商品の説明や効果を紹介してくれます。ダイレクトに魅力が伝わるんですね。家事をしながらの隙間時間などでお買い物ができるので、時間を無駄にせず買い物できることも魅力です。日本の民間ラジオ局の多くは、ネットワーク組織に入っていてラジオネットワークが構成されています。

AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegalopolisRadioNetworkとなります。

更に、NHK-FM放送と放送大学を除く全民放放送が参加している全国FM連合があります。

但し、JFLとMegaNet、全国FM連合は他に比べ、同ネットワークとしての関係は密な関係ではありません。
情報の交換に番組の一部販売、不定期での共同キャンペーンを行なうだけとなります。
ラジオショッピングの初期は、民放ラジオ局やその関連企業が放送するラジオショッピングが主でした。近年はラジオ業界の広告収入減に伴って、現在では、広告主通販が多くなっています。ラジオショッピングにおいては、民放のラジオ局あるいはグループ企業によりおこなわれるものと外部の通販会社などが、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。

ラジオショッピングを行なう通販会社のメリット(昔からある花王のシャンプーの名前でもありますね)は、テレビショッピングと比較すると、リスナーも「直接見て注文したのではないからイメージと違うことはある」と納得しているためか、商品が届いて見たときに、「思っていたものと違う」のようなトラブルは最小限でテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。ラジオショッピングを運営する企業にすごく、テレビ放送と比較すると少なめの予算で始めることができるというメリット(昔からある花王のシャンプーの名前でもありますね)があることから大企業から中小企業まで様々な規模の企業が参入しています。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送を媒体として放送されるショッピングプログラムのことで、通販のこととなります。

日本では、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、ショッピングプログラムとして別の番組として放送されます。
このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社により1973年(昭和43年)の放送が始まりです。新潟放送(FM PORT)のはぴねすくらぶラジオショッピングの商品はこちら