都会の人にはわからない?ラジオを聴く習慣

ラジオショッピングが通販会社にとって都合がいいのは、テレビショッピングより、購入者も「ラジオを聴いて自分のイメージで注文したから、ある程度ちがうこともある」と承諾しているのか、商品が到着した時に、「こんな感じだとは思っていなかった」などといったトラブルは少なく返品件数もテレビショッピングほども多くはないと言われています。ラジオショッピング運営企業も、ラジオ放送は比較的少ない予算で始めることができる利点があることから、大企業から中小企業までいろんな規模の企業が参入しています。「ラジオ広告」と聞いて、どうイメージしますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオ広告が流れているのを聞いたことがあるでしょう。民放のAMやFMでは、番組の合間にTVのようにコマーシャルも流れていますよね。あとラジオ広告の中には、番組で商品を紹介するものもあります。

番組の司会者をはじめ出演者が、「今、話題の商品は○○」「健康の△△の悩みにはコレがお薦め!」などのように、その商品を紹介しています。

時には広告主の企業のその商品担当者も出演したりと、訴求性の高くなるような内容になっています。

ラジオって誰が聴いているの?サラリーマンにとってはなじみがないのではないでしょうか。

男女比で半々の人がラジオを聴いています。

年齢が上がるにつれて、ラジオをきく人の割合も上がってきます。それと、地方で暮らしている聴視者が多いのもラジオの特徴といえます。ラジオをよく聴いている方の割合では、「地方」に分類される東北や九州の都道府県が並んでいます。

地方住みでない都会の人には想像しにくいと思いますが、日常的にラジオをきく層が今も存在しています。通信販売の意味は、無店舗販売で小売りをおこなうことです。実際の店舗ではなく、媒体を使って品物をアクセスした消費者から注文を受けます。スマホなどのネット端末の普及により通信販売の意味は、ウェブ販売によるものを指すことがあります。

通信販売業(販売する商品によっては、申請や許可が必要なこともあります)者には、実店舗をもたない業者だけでなく種々雑多です。日本の民間ラジオ局の大抵は、ネットワーク組織に入っていてラジオネットワークを形成しています。

AMラジオは、ジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FMラジオは全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。加えて、民放の全FM局が参加している全国FM連合があります。
(NHK-FM放送及び放送大学は除く)しかし、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合については、放送網としての関係は密な関係ではありません。

情報をやり取りしたり一部の番組販売、、不定期の共同キャンペーン実施などに留まっています。ラジオショッピングの特徴として、民放ラジオ局または関連企業がオンエアーされるラジオショッピングは、商品構成にその局ならではの色が出るが、事例としては、デジタルカメラやPC、加湿器取り付けをふくむエアコンなどの電化製品から高級時計、ジュェリー、衣料品、松葉ガニやブランド牛肉などの食品、ついに、仏壇やトイレリフォーム(古くなったものも見違えるようになりますね)の取あつかいもあったりします。
そのようなラジオショッピングのほとんどはスポンサー通販となっています。スポンサー通販といっても、ジャパネットたかたのように電化製品の専門的傾向のところと、美容・健康関連品が主体のところがあります。

そもそもラジオショッピングは、ラジオ放送で放送されるショッピング番組です。
通販の一つです。日本国内においては、民放ラジオ局の番組中に挿入されたり、独立した番組として放送されるショッピング番組のことです。このようなラジオショッピングについては、文化放送開発真ん中によって、1973年(昭和43年)の放送が始まりです。師走は、おせちの予約も終わりです。

ラジオの通販コーナーでもおせち、おせちとよく耳にします。

私は数年前からおせちはネット注文しています。

芸能人が宣伝しているおせちは、中身もあまり変わりません。
そのためか、特典を付けて差別化しようとしているのでしょう。

現在ではインターネットの通販やテレビ通販で、色々な商品を買う人が増えてきています。

このほかにも「ラジオ通販」もあります。
前にラジオを聴いたのはいつだったか?といった人もいるかも知れませんが、通販好きな人なら、民放ラジオのラジオ通販といった手もありますよ。

ラジオの通販では、ラジオをきくだけですから、非常に分かり易く商品の説明や効果を紹介してくれます。
ダイレクトに魅力が伝わり、欲しいものが見つかりやすいです。通勤や通学のほんのささいな時間を使って買い物ができてしまうわけですから、会社員でも主婦でも学生でも、すきま時間を使ってお買い物できますね。
毎年、年末年始をハワイに行く人もいると思います。今の時代のハワイ旅行はごく普通になりましたが、年末年始の期間はやっぱり料金も高いです。ハワイでも韓国でも、台湾に行っても、日本語と簡単な英語だけでもなんとかなるはずです。とはいえ、やっぱり細かい事などは、伝えにくいものです。

そんなときに役立つのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻訳機なんです!ラジオショッピングの初期は、ラジオ局またはグループ企業により流されるラジオショッピングが一般的でしたが、2006年以降は業界の広告収入の減少のため、現在はスポンサー通販が増えてきています。
ラジオショッピングにおいては、民放ラジオ局自体か民放ラジオ局の関連企業がおこなうものと外部の企業により、スポンサー通販といわれる外部の通販会社による商品販売に分かれます。
エアコンは使うことが少ないのですが、指すがに真夏日がつづくと、つけるしかないですよね。

でも、エアコンの電気代を考えると躊躇してしまいます。

ラジオで聴いたのですが、最新のエアコンは省エネでないといけないようで、電気代は1時間で約2円ほどなんですね。10年前のエアコンから最新のエアコンに買い替えしたくてたまりません。

ラジオショッピングでは媒体の特長上、テレビや印刷物と異なり、商品の実物が分かりにくいです。

ですので、通販企業の評判や信頼性がラジオ通販では大事なことです。ラジオ通販は昔から始まった通信販売の一つです。

一般的に商品紹介は、ラジオパーソナリティです。ラジオショッピングでの商品の紹介にかける時間はごくわずかです。商品紹介者の話し方などによって商品の印象が違ってきます。そういうことから、ラジオショッピングは、実際の商品を見て注文したい人には向いていません。
そうであるとしても、利用者の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。FM横浜ラジオ通販|はぴねすくらぶラジオショッピング